車買取で損する時期

中古車を売却するときにありがちな失敗の一つとして、車検を受けて数か月も経っていないうちに中古車を売却したというものです。もちろん、車検が残っているぶん査定額アップに繋がる可能性はありますが、高額な車検代に比べたら、車検を支払う前に売った方がお得です。

もちろん車検切れのまま売却することもできますが、車検切れよりも車検が残っている方が査定額はアップするので、車検が切れる2ヶ月以上前には売却したいところです。また、モデルチェンジをしたあとに売却する場合も、中古車の価値が下がります。モデルチェンジを行う前と後とでは、たった1月程度しか変わらなくても、ガラリと買取価格が変わります。

もしもモデルチェンジを行う時期を知っていたら、もっと早く売ったのにと後悔する方も少なくありません。それ以外にも、地味に買取価格に反映されるものとして、買取業者の決算時期などが挙げられます。決算終了直後の買取業者は、すでにボーナスも貰いましたし、あまり焦っていません。そのため、価格交渉なども少しトーンダウンする可能性はあります。

車査定 傷

Comments are closed.