車のオプションパーツと査定額

中古車を査定に出す時、車のオプションパーツは必ずと言って良い程査定結果に影響します。
中には、オプションパーツに力を入れて中古車の査定額を上げる人もいるんだとか。
年式や走行距離、車体の状態と同様、オプションパーツは査定額の決め手となる要素だということを覚えておいてください。
では、どのようなオプションパーツがプラス評価となるのでしょうか。一番はメーカーの純正品だと言われています。
特に、後付け可能なカーナビやETC機能、カーステレオなどは人気オプションパーツですので、もし純正品をお持ちであれば、査定時にしっかりとアピールしましょう。
その他、スタッドレスタイヤやリモコンエンジンスターターなども、純正品であればプラス査定となります。
ただ注意しなければならないのは、いずれも正常に作動して初めてプラス評価が得られるということです。
いくら純正品でも、故障等で全く作動しないとなると意味がありません。
どんなに良い品でも、使い物にならなければマイナス評価となってしまいます。
それから、最近よく見かける派手なカスタムカーもマイナス評価となるようです。
中古車販売店は、基本的に需要のあるベース車しかまともな評価を下しません。
どんなに高価なパーツを装備していても、誰も欲しがらないニーズの低い製品であれば、査定額は大幅にカットされてしまいます。
こうならない為にも、後々のことを考慮し、車のカスタマイズはある程度控えめにした方が賢明と言えるでしょう。
車下取り シュミレーション

Comments are closed.