自動車の売却でボディの傷は直したほうがいいのか

自動車を査定にだすとき、ボディの傷や凹みは当然チェックされますし、傷があれば買取価格は下がります。そのため、修理に出してから査定してもらった方がよいのではと思われますが、実際は、わざわざ修理に出してまで直す必要はありません。

というのも、ほとんどの場合、傷にかけた修理代は同部分の査定額よりも費用がかかってしまいます。買取業者は、買い取った自動車に傷があれば修理を行いますが、そのためにかかる費用は、査定時にそのまま減額して査定価格として提示します。

そのため、事前にボディの傷を直しても直さなくてもかかる費用は変わりませんし、むしろ、修理業者の利益が乗っているぶん、自分で修理した方が費用がかかる可能性が高いです。また、買取された自動車が必ずしもそのまま売却されるとは限りません。

年代の古い自動車や事故車などは、部品取り用となるケースも多く、解体されてしまえばボディの傷は無関係となります。中には、自分でボディの傷を直そうとして失敗し、かえって査定額を下げてしまうケースもあるようです。そのようなわけで、自動車に傷がある場合は、そのまま査定に出した方が無難であると思われます。
ベンツ 故障

Comments are closed.